登場を待ち望んでいたタムロン180mmマクロを早々に手に入れ、フィールドに連れ出した。現像が上がったポジを見て、流石タムロン90mmマクロのDNAを受継いだレンズで、シャープネス、柔らかなボケ味、色調と三拍子揃った素晴らしいレンズだと感心した。その素晴らしさは、HPに掲載された作品を見てもお解り頂ける筈です。焦点距離がタムロン90mmマクロの2倍の180mmマクロは、適度に被写体との距離をおく事が可能で、逃げやすい昆虫などの撮影にもってこいのレンズです。アウトフォーカスのボケの部分は、90mmマクロより大きくボケてファンタジックな花の撮影は得意分野で、積極的に開放描写を楽しもう。他の望遠マクロと比べて小型軽量なのも、フットワークを大切にする自然派カメラマンに歓迎される事だろう。