TAMRON Lens Utility

レンズをカスタマイズでより楽しく

TAMRON Lens Utility™は、コンピューターを使用して、コネクターポート(端子形状:USB Type-C)を搭載したタムロンレンズのカスタマイズやファームウェアのアップデートを行える専用ソフトウェアです。
レンズを使いやすいように設定することで、撮影がもっと楽しく、もっとクリエイティブになります。

ソフトウェアのダウンロードはこちら

本ソフトウェアはコンピューター専用です。
コンピューターより本ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてご利用ください。

オンラインヘルプはこちら

本ソフトウェアは2021年10月末にリリース予定です。

各種機能紹介

TAMRON Lens Utility™で設定できる各種機能はこちら

A-B フォーカス

被写体から被写体へ、
スムーズなフォーカス移動を簡単に

A-B フォーカス 被写体から被写体へ、スムーズなフォーカス移動を簡単に映像制作の現場でも多用される、フォーカスを一定速度で移動させる機能です。奥の被写体から手前の被写体にフォーカスがゆっくり移動することで、映像を観る人の視線移動を促すなど、こだわりの映像表現を実現します。
設定方法は、あらかじめピントを合わせたい2点間をフォーカスセットボタンで記録して、フォーカスセットボタンをクリックするだけです。自動かつ一定速度でフォーカスが移動して撮影できるため、手動によるフォーカスと比べて速度ムラを気にする必要はなく、安定した映像づくりを行えます。 詳しくはこちら >

フォーカスプリセット

記録したピント位置へ、
クリック一つでフォーカス移動

フォーカスプリセット記録したピント位置へ、クリック一つでフォーカス移動ドラマの場面転換のように被写体からピントを意図的に外したり、夜景撮影時にピント位置を呼び出したりするなど、あらかじめピント位置をレンズに記憶させることでフォーカス移動が行えるようになる機能です。動画撮影時にはフォーカスの移動速度も設定できます。また、静止画撮影ではクリック一つで設定したピント位置へ最大速度でフォーカスを移動させることが可能。本機能をご活用いただくことで撮影表現の幅が広がります。 詳しくはこちら >

フォーカスリング設定

マニュアルフォーカスを
より使いやすく

フォーカスリング設定マニュアルフォーカスをより使いやすく[MF レスポンス]
MF時にフォーカスの動き方を変更できる機能です。フォーカスリングの回転速度で、ピントの移動量が変化する「ノンリニア」と、回転角度でピントが一定量移動する「リニア」を選択できます。 また、今後登場する一部のタムロンレンズでは回転量を設定することも可能に。撮影シーンに応じて撮影者の意図に沿った撮影が行えるようサポートします。 詳しくはこちら >
[MF 回転方向]
MF 時のフォーカスリングの回転方向を変更する機能です。 詳しくはこちら >

AF/MF切り替え

AF/MF切り替えを
レンズで設定可能に

AF/MF切り替えAF/MF切り替えをレンズで設定可能にAF/MF切り替えスイッチ非搭載のレンズであっても、フォーカスセットボタンを使用することでAF/MFを切り替えられるようになる機能です。AF/MFの切り替えを多用する撮影シーンでレンズがさらに使いやすくなります。 詳しくはこちら >

その他の機能

フォーカス/絞り リング機能切り替え・カメラボディ機能割り当て

その他の機能 (フォーカス/絞り リング機能切り替え・カメラボディ機能割り当て) フォーカスリングを絞りリングへ フォーカスセットボタンを使って、フォーカスリングを絞りリングに切り替えて使用することができる機能です。
詳しくはこちら > カメラからの設定にも対応 ご自身のカメラボディであらかじめ割り当てた機能を、フォーカスセットボタンで使用することができる機能です。
詳しくはこちら >

ファームウェアアップデート

最新のファームウェアに更新

ファームウェアアップデート最新のファームウェアに更新お客様自身でレンズのファームウェアを最新のバージョンにアップデートすることができます。

※コネクターポート搭載レンズのファームウェアアップデートは、本ソフトウェアをご使用いただくことでのみ可能です。カメラ本体からのファームウェアアップデートはできませんのでご注意ください。 TAMRON Lens Utility 対応レンズ一覧はこちら >

本ソフトウェアは2021年10月にリリース予定です。

ソフトウェアのダウンロードはこちら

本ソフトウェアはコンピューター専用です。
コンピューターより本ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてご利用ください。

オンラインヘルプはこちら