すべては、この一枚に辿り着くために

このレンズが撮る悦びを解放する

「写真を愛する人に最高の一枚を届けたい」。タムロンレンズに共通するその想いを突き詰めたとき、SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)のコンセプトは生まれました。SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目に発売されるにふさわしい最上級の描写力を持ったレンズ、それがModel F045です。絞り開放時から被写体のディテールを緻密に捉える、一切の甘さを感じさせない解像力。シャープなピント面から、なめらかにとろけてゆくボケ。新開発のBBAR-G2 (Broad-Band Anti-Reflection Generation 2)コーティングにより極限まで抑えられえたゴースト・フレア。さらに、大口径F/1.4の重いフォーカスユニットを高速かつ高精度に動かすために新たに開発されたダイナミックローリングカム機構が、いかなる撮影環境下でも最高のAF性能を引き出します。タムロンの光学技術の粋を結集してつくりあげたこのレンズが、特別な一枚を描き出します。

この写りは、タムロン史上、最高傑作

目指したのは“点が点として写る”超高画質。そのため、画質低下につながる諸収差を徹底的に排除しました。特に、大口径レンズで目立ちやすい軸上色収差と、画面周辺で画質の低下につながるサジタルコマフレアを極限まで排除しています。これを実現させたのが10群14枚という単焦点レンズとしては多いレンズ構成。特殊硝材LD (Low Dispersion : 異常低分散)レンズを4枚、GM (ガラスモールド非球面)レンズを3枚配する贅沢なつくりとなっています。

焦点距離: 35mm 露出: F/1.4 1/800秒 ISO 100
受け継がれるタムロンの「ボケ」への設計思想

Model F045はタムロン伝統の90mm F/2.8マクロと同様の設計思想でつくられており、前ボケと後ボケとが素直に美しくボケていきます。90mm F/2.8マクロとの大きな違いは、大口径F/1.4であるという点です。大口径になればなるほど、わずかな軸上色収差もボケの色として現れてしまいます。そのため、軸上色収差を徹底的に排除。前ボケも後ボケも色つきのない、美しくとろけるボケを実現しました。

焦点距離: 35mm 露出: F/1.4 1/800秒 ISO 100
新開発BBAR-G2コーティングが実現する圧倒的なヌケ感

タムロンが力を入れて取り組んできたゴーストやフレアの発生を抑制するコーティング技術は、ついに次世代レベルへと到達。従来のレンズで使用していたBBAR (Broad-Band Anti-Reflection)コーティングは、その性能を大幅に上回るBBAR-G2コーティングへと進化しました。このコーティングは、ゴーストやフレアの発生を今まで以上に極限まで抑え、逆光条件でも被写体のディテールを緻密に描き出すことができます。この新たな技術が、圧倒的なヌケ感とクリアな表現を実現します。

焦点距離: 35mm 露出: F/1.4 1/1250秒 ISO 100
あらゆる場所での作品づくりを可能にする信頼性の高い、高速・高精度AF

AF駆動にはタムロン独自の超音波モーターUSD (Ultrasonic Silent Drive)を採用しました。さらに、大口径F/1.4の重たいフォーカスユニットを高速かつ高精度に動かすために新たにダイナミックローリングカム機構を開発。高温、または低温といった、プロユースの厳しい撮影条件下においても、高速かつ高精度なAF作動が可能となりました。あらゆる場所での作品づくりに、このレンズが応えます。また、フルタイムマニュアル機構を搭載しているため、AF設定時においても即座に手動でのピント位置の微調整が可能です。

ダイナミックローリングカム機構模式図
タムロンが思い描く究極のレンズの開発とは

タムロンのSPシリーズは写真を愛するみなさまのおかげで初代の5本のレンズの発売から40周年を迎えます。すべてのタムロンレンズに共通する「写真を愛する人に最高の一枚を届けたい」という想いをもとに、タムロンは「究極のレンズ」を追求してきました。その一つの答えが、高い光学性能と取り回しのよさを両立させた、SPレンズシリーズになります。いくら写りが良くても、写真を撮るとき、手元になければ意味がない。持ち出すのをためらうようなレンズであってはならないと考えたのです。

一方、レンズのサイズ感という枠を外し、究極の写りのみを追いかけることに憧れがないと言えば嘘になります。タムロンが持つ技術を「写り」のみに注力し、画質を追求したときに、どんなレンズができるのか。それもまた、「究極のレンズ」の一つの答え。SPシリーズ40周年の節目に、そんなレンズを創ってみたい。選んだのは35mm F/1.4。各社の素晴らしいレンズがひしめき合うこの市場で、最高のレンズを目指す―これはタムロンの大きな挑戦となりました。

商品企画から光学設計者に伝えられたのは、「究極の写りを目指したい」という一言だけ。これを受けた光学設計者の答えが、「すべての収差を徹底的に抑え、点が点に写るレンズ」でした。それは、すべての光学設計者の夢でもあります。そして、Model F045というレンズのための新機構の開発や、タムロンらしいボケ味の踏襲、新たなコーティング技術の開発など、タムロンが持つ技術の全てを注ぎ込むことで、タムロン史上最高のレンズが遂に完成いたしました。タムロンの自信作。どうぞ手に取り、その写りを確かめてください。

外観デザイン

製品情報

製品仕様

モデル名 F045
焦点距離 35mm
明るさ F/1.4
画角(対角画角) 63゜26'
<35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラ使用時>
レンズ構成 10群14枚
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 1:5
フィルター径 Φ72mm
最大径 Φ80.9mm
長さ* 104.8mm (キヤノン用)
102.3mm (ニコン用)
質量 815g (キヤノン用)
805g (ニコン用)
絞り羽根 9枚 (円形絞り)**
最小絞り F/16
標準付属品 花型フード、レンズキャップ、レンズポーチ
対応マウント キヤノンEFマウント用 / ニコンFマウント用
希望小売価格 115,000円(税抜)

TAMRON ONLINE STORE 購入はこちら

* 長さ=レンズ先端からマウント面まで。
** 絞り開放から2段絞り込んだ状態まで、ほぼ円形の絞り形状を保ちます。

仕様、外観、性能等はお断りなく変更する場合があります。

本レンズにフルサイズミラーレス一眼カメラの純正アダプターをご使用いただいた場合、従来の一眼レフカメラで使用出来る機能は問題なくご利用いただけます。
詳しくは弊社ウェブサイト、サポートページをご確認ください。https://www.tamron.jp/support/

発売日
2019年6月26日(ニコン用)
2019年7月25日(キヤノン用)

MTFの見方

MTF  

レンズ構成図 (10群14枚)

外部レビューサイト SP 35mmを外部リンクサイトにてご紹介いただきました。

さらに表示する

カタログ ダウンロード一覧ページへ >

ピックアップ