コンパクトサイズに秘められた、パワフルな性能

野生動物写真家である私にとって、パワフルな望遠レンズはなくてはならないものである。野生動物を至近距離から撮影できることはめったにないからだ。望遠レンズを使えば、野生動物を写真のフレームいっぱいに捉えることが出来るため、まるで被写体に触れられるかのような印象を見る人に与えることができる。
70-210mm F/4を使って撮影した写真はひときわ色鮮やかで、3D写真のようにすら見える。高い解像力とその美しいボケ味には感動した。ソフトフォーカスされた背景の前に、野生動物の毛一本一本がはっきりと見て取れる。

屋外撮影にも配慮されたこの望遠レンズは、私の新しいメインレンズとなった。自然探索の際、ほとんどいつもカメラに装着しているのはこのレンズだ。軽量でありながら、プロ仕様のレンズが持つべきすべての特長を備えている。AFはすばやく、しかも静か。また手ブレ補正機構「VC(Vibration Compensation)」によって、低照度下や望遠側における撮影でも鮮明な写真を撮影することができる。70-210mmを使っても被写体に十分に近づけない時は、テレコンバーターを装着すれば焦点距離を拡大できる。本当に簡単に! こんなに多目的に使える望遠レンズは他にはない!